消費者金融

消費者金融の一覧

消費者金融net
 消費者金融netは、全国各地にある消費者金融など貸金業の情報サイト。大手、中堅、銀行系、外資系、クレジットカード系、IT系の消費者金融会社を網羅しています。

消費者金融の登録数:125

 

 

 
消費者金融net

消費者金融netは、都道府県・市町村別に消費者金融を検索可能

人気の消費者金融と銀行のキャッシング・ローン一覧

2016年6月27日〜2016年7月26日
消費者金融netにおいてPV集計

アコム

 
 
アコム
実質年率
4.7%〜18.0%
最高限度額
最高500万円
審査時間
最短30分
借入目安
最短1時間

キャッシング、カードローン、消費者金融のアコム。最短30分で審査ご回答。はじめてでも来店不要・ 最短1時間で可能な振込によるお借入もご利用できます。お申し込みからご契約までさまざまな方法をご用意しています。

プロミス

 
 
プロミス
実質年率
4.5%〜17.8%
最高限度額
最高500万円
審査時間
最短即日
借入目安
最短即日
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。

消費者金融のプロミスは、24時間お申込みOK。SMFGグループの金融会社SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスで安心 。フリーキャッシングなら、最大500万円までのご利用限度額内で出し入れ自由。

モビット

モビット 新規申込プロモーション 
 
モビット
実質年率
3.0%〜18.0%
最高限度額
最高800万円
審査時間
10秒簡易審査
借入目安
最短即日
※14:50までの振込手続完了が必要です。
※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

キャッシング、カードローンのことなら、三井住友銀行グループのモビット。24時間ネットでキャッシング、カードローンの申込が可能 。全国の提携ATMや、パソコン・スマートフォン・ケータイでいつでもどこでもキャッシング。モビットからの電話連絡、郵便物はありません。

 
 

楽天銀行

 
 
楽天銀行
実質年率
1.9〜14.5%
最高限度額
最高800万円
審査時間
最短即日
借入目安
最短即日

楽天銀行のスーパーローンは、業界の中でも低金利を追求し金利は年1.9〜14.5%、限度額300万円まで収入証明書のご提出が原則不要。最大限度額は800万円。様々な用途にご利用いただけます。パート・アルバイトの方も申込可能です。

 
 

消費者金融について

消費者金融とは

 消費者金融とは、一般的に貸金業の内、一般消費者への金銭の貸付け融資を行う業者のこと。消費者の信用を担保として消費者に直接融資を行うサービス を指し、銀行等が行っている住宅資金融資なども含みますが、一般的にはノンバンク(貸金業者)による消費者への小口の無担保融資を指します。

 現在、消費者金融が低所得者層やすぐに現金が必要な人たちに多く利用されています。あるデータによると、全国の消費者金融利用者数は1400万人もいるそうです。突然発生する交際費の捻出のために消費者金融を利用するケース、車のローンや家賃の支払いのために消費者金融を利用するケースなど、現金がどうしても必要な時にすぐに融資を受けることができるのが消費者金融です。

 現在の消費者金融は、かつて言われていた「サラ金」や「街金」や「高利貸し」のイメージを払しょくしつつあります。広告もいたるところでされていますし、私たちの生活に身近なものになっているのではないでしょうか。

 消費者金融は一般的な銀行からの融資や公的ローンに比べ、比較的安易に融資を受けることができます。また、無担保での融資が一般的でフリーターや主婦などの低所得層でも融資を受けられる特徴が、たくさんの人に利用されている要因と言えます。

 しかし、容易に融資が受けられる反面、利息が高いのが一般的です。また、収入が少ない人にもかかわらず、多額の融資を受けることができてしまうため、借入額と収入額のバランスを崩し、返済困難に陥いるケースが決して少なくありません。返済困難になってしまった人たちは借金で首が回らなくなり、金策に走った結果、友人や親族、親戚との信用信頼を失ったり、あるいは自己破産申請をしなければいけなくなったり、金融業者からの取り立てに苦しんだ結果、自殺してしまう方が多くなったりと、社会問題になっているのも事実です。

 いつでも、だれでも容易に融資を受けられる消費者金融。そのメリットとデメリットをしっかり把握することが必要です。消費者金融はあくまでも「金貸し」。消費者金融は融資をした利息で営業活動しています。当然、消費者金融は出来るだけ多くの金額を融資しようと借入者に勧めます。そういった「貸す側」の立場を理解したうえで、「借りる側」も借入のリスクを把握すること、融資の仕組みをしっかりと理解するという、「借りる側」の質の向上が求められています。

 

貸金業登録とは

 貸金業登録とは、昭和58年に貸金業規制法が施行され、この法律により金融業者には貸金業登録と3年に1度の登録更新が義務づけられています。( )の中の数字は、今までに何回登録更新をしたこと、貸金業登録制度ができた最初の年から登録していたことを意味します。仮に(9)だとすると、9回更新されたことになり、古くから営業して位置づけとなります。
 

消費者金融の呼称

 個人向けの無担保小口融資は現在では広く消費者金融と呼ばれていますが、過去には色々な呼ばれ方をされていました。1970年以前は、現在のような全国規模の個人向け金融は一般的ではありませんでしたが、全くなかった訳ではありません。

 当時は小さな金融会社や、口コミで少額融資をする個人は「金貸し」とか「高利貸し」等と呼ばれていたのです。2010年に上限金利が20%に改正された出資法ですが、1983年以前は73%と定められていました。現在の感覚で言うと、考えられない程の高利だった訳です。この怖いイメージの「金貸し」とか「高利貸し」等と呼ばれていた金融は、当時は余程切羽詰まった人でなければ利用しにくい雰囲気だったと言われています。

 しかし、1970年代に入ると、以前よりは一般の人でも利用しやすい金融会社が少しずつ登場します。更に、1973年に起こったオイルショックの影響で、生活費に困窮した人達がこれらの金融会社で融資を受けるケースが増加していくのです。主にサラリーマンの利用者が多かった事から、これらのローンはサラリーマン金融と呼ばれていました。これを省略した「サラ金」は、高利の貸し付けや脅迫まがいの取り立てが問題化していき、ついには「サラ金地獄」と言う言葉まで登場したのです。また、繁華街で営業する金融会社が多かった事から「街も呼ばれていました。

 一方、業界側ではこの「サラ金」と言うダーティーな呼称を払拭する為に、テレビコマーシャルや広告等で明るいイメージの浸透に躍起になりはじめます。当時は金融と言う言葉は一切使わず「キャッシング」や「ローン」、「クレジット」と言った横文字の明るいイメージで顧客拡大のキャンペーンを行っていたのです。日本の法令では、サラ金や消費者金融と言う言葉は用いられていません。ここまで様々な呼称を紹介しましたが、融資をして金利を収益とする点では全て同じなのです。法令用語では、これらを「貸金業」と呼んでいるのです。

 

消費者金融の金利

 段階的に施行されてきた貸金業法の改正ですが、2010年6月に全条文の施行が実現しました。内容は、新規参入の際の必要な純資産額の引き上げ、執拗な取り立て行為の規制、総量規制による過剰貸付けの抑制、グレーゾーン金利の廃止、みなし弁済制度の廃止、ヤミ金融対策の強化等が挙げられます。社会的問題にまで発展した消費者金融の報道で、利息制限法と出資法と言う言葉を聞いた事があると思います。この二つは、どちらも貸し出しにおける金利の制限を定めた法律なのですが、この貸金業法の改正によって利息制限法の上限金利は貸し出し額によって15〜20%、出資法は20%に制限されています。

 改正前の出資法の上限金利は29.2%だったので、この両者の間でグレーゾーン金利が発生していたのです。当時は殆どの消費者金融が出資法上限の29.2%で契約していたのですが、現在は利息制限法に基づいて過払い請求がされている訳です。この出資法は過去にも段階的に引き下げられています。1954年以前には109.5%だった上限金利は、まず1983年11月に73%に引き下げられ3年後の1986年11月には更に54.75%に下げられます。1991年11月には約40%、そして商工ローンが社会問題化した2000年6月からは29.2%と定められていたのです。

 2010年の全面的な貸金業の法改正によって、ようやく二つの法律の上限金利が事実上一致しました。消費者保護の観点から改正された上限金利ですが、過去には想像を絶する違法な貸し出し金利で業者が暴利を得ていた時期があります。社会問題化した商工ローンでは、元金50万円に対して何と600万円の返済を迫られていたケースがあったのです。被害者の中には執拗な取り立てに悩み抜いた末に、自ら命を絶った人も少なくなかったと言われています。この業者は違法な営業をしていた訳ですが、もっと法規制が機能していればこれらの悲劇は抑止出来たかも知れません。貸金業法の法改正は、やはりもっと早く実現すべきだったのです。

 

消費者金融の申込方法・利用方法

インターネット
 インターネットにてキャッシング申込は、「店頭に行く時間がない」、「人会わずに借入したい」など、インターネットで融資審査から審査結果まで受けたいという方のための申し込み方法です。
店頭窓口(来店)
 消費者金融の店頭窓口は、融資利用をお急ぎの方のための方法です。店頭受付より30分程度でご融資可能です。無人契約機と比べて審査から融資までが若干早いのが特徴です。
無人契約機
 消費者金融に設置している無人自動契約機は、申込者自身が無人契約機を操作し、融資に際しての質問に回答して、自動的に審査が行われ約30分位でカードが発行されます。誰にも会わず気兼ねなく申込可能です。また、街角など消費者金融に併設していない場合もあります。
電話
 近隣に消費者金融店舗がない場合や時間がなくて来店できない場合は電話申込、いわゆるテレホンキャッシングもあります。審査後に融資振込が可能です。
 

消費者金融ではなく公共機関で融資を受ける

 失業した人や、ケガや病気で働けなくなった人などが当面の資金を借りるために、各地方自治体では各種資金貸付事業を行っています。借り入れの審査はそれぞれの自治体によって異なりますが、失業証明書や所得証明を基準に融資を受けられるようです。また、派遣やパートで働いていて、お金に困っている人は生活保護を受けることもできるようです。これも各地方自治体によって制度や審査基準が異なります。

 公共機関で個人融資を受ける場合、基本的には失業していたり、特定の理由で所得が低い場合に限られます。生活保護を受けられる人も同様で、家族や親類で扶養してもらえるかどうかなど、いくつかの審査があります。ですが、公的機関のサービスなので融資の場合の利息は一般企業の融資サービスに比べれば格段に安いです。生活保護は需給制度なので返済は必要ありません。

 公的機関の融資は急な出費で借り入れをするといったような消費者金融のような利用はできません。あくまで、生活が困難な人の為の制度ということを理解しましょう。

 借金返済のためにまとまったお金が必要で公共機関に借り入れ申請をする人が中にはいるようです。多重債務で生活が困難な場合はまず、債務整理の相談をするのが先決です。債務整理も公共機関の融資サービスと同様に、相談会などを無料で開いています。

 公共機関で個人ローンは組めませんが、住宅ローンや、カーローンなどの融資を行っている自治体はあるようです。公共機関の金融サービスは各自治体のホームページや掲示板で確認ができますので、一度調べてみると良いでしょう。

 
 
 

消費者金融の特徴

即時審査

 消費者金融会社では、受付から審査・契約までの手順や、融資対象者の資格要件を厳格に定め、高度な審査技術やノウハウを用いて適正与信の実行を徹底しています。新規契約の所要時間は通常30〜40分程度です。これは店頭でも自動契約機でも同様です。
 

多様な申込方法

 消費者金融会社では、自動契約機のほか、店頭、電話、郵送、インターネットなど多様な申込方法があります。自動契約機では受付担当者と直接対面することなく利用者がパネルなどの操作をして契約を行うことができます。自動契約機は通信回線で有人受付センターとつながっており、担当者が利用者の映像を見ながら与信審査を行います。契約に関する重要事項の説明や法令で定められた書類の交付なども、全て店頭契約と同様に行われます。
 

多様な返済方法

 消費者金融は、店頭窓口や提携金融期間のATM、銀行振込、口座自動引落し、現金書留での送金など返済方法も多様です。
 

リボルビング方式

 リボルビング方式とは利用者の信用力に応じて、あらかじめ借入限度額(クレジットライン)を設定し、その限度額の範囲内であれば、自由に利用できる方式です。リボルビング方式には、一定の与信限度額を設定する、返済額は最少支払額を定めて任意での追加返済は自由、利用残高が与信限度額の上限以内ならば自由に追加利用ができるという3つの特徴があります。このようにリボルビング方式はカード利用により随時入出金ができることからATM・CDの利用に適した契約形態です。
 

自由返済システム

 消費者金融では、利息は日割り計算されます。最少支払額以上であれば、いつでも追加で返済することができます。
 

手数料不要

 時間外や日曜、祝日のATM・CD利用でもATM利用手数料は一切かかりません。出金(借入)、入金(返済)ともに各社 ATMの他、コンビニエンスストアの提携ATMで利用の場合も同様です。
 

消費者金融における利息の計算方法

 貸付利率(実質年率)は、借入をする消費者金融が定める利率の間で設定されます。利息は、ご利用残高に応じて1日毎に発生します。

[計算方法]
 利息 = ご利用残高 × 契約年率 ÷ 365日 × 利用日数

例えば、借入利率15.0%で10万円を30日間ご利用した場合は、

 1233円  = 100,000円 × 0.15 ÷ 365日 × 30日

 

本人確認書類と収入証明書について

本人確認書類

運転免許証(住所変更されている場合は両面)
健康保険証(現住所の記載があるもの)
パスポート(顔写真と所持人記入欄の両ページとも)
外国人登録証明書(住所変更されている場合は両面とも)
 

収入証明書類

源泉徴収票
1年間(1月〜12月)における給与の支給額・所得税の源泉徴収額を証する書類です。毎年12月頃に勤務先から発行されます。
納税通知書
住民税などの納税の計算のために、毎年5月〜6月に市区町村から通知される書類です。
年金証書
受給資格が認定されると、社会保険庁から発行される書類です。キャッシングやカードローンの申込時には、年金額の記載されている裁定通知書の部分も必要な場合が多い。
給与支払明細書(月例給与明細)
勤務先が給与所得者に基本的に毎月発行する書類です。キャッシングやカードローンの申込時には、直近3ヶ月以内の書類が2ヶ月分以上必要になる場合が多い。
所得証明書
毎年5月〜6月より、市区町村が前年分(1月〜12月)の所得の証明として、課税者・納税者に発行する書類です。本人の希望により、随時取得することができます。
確定申告書・青色申告決算書・収支内訳表
複数所得のある方、事業を営む方、一定金額以上の給与と所得のある方が税金確定のため、税務署に提出する書類です。確定申告時に税務署などの受領印が必要です。尚、電子申告分については、「電申告完了済」の文言に合わせ、申告の受領日時、受付番号の記載があるものが必要になります。
年金通知書(年金振込通知書)
公的年金の振込により受領する方に、毎年6月に1年間の支払予定日と支払額が記載されて発行される書類です。
支払調書
給与の他に、公演料、出演料などの支払いをした者が発行する年間支払額の記載された書類です。
 

年収額の算出方法

源泉徴収票
「支払金額」欄に記載された金額を記入。
納税通知書
「前年度所得」欄に記載された金額を記入。
年金証書
「厚生年金裁定通知書」「国民年金裁定通知書」両方の「年金額」欄に記載がある場合はその合計を記入。
給与支払明細書(月例給与明細)
「月次給与額」×12ヶ月の金額を記入。賞与明細を追加する場合は、賞与額のみ年収額として加算。
所得証明書
前年度所得の金額を記入。
確定申告書・青色申告決算書・収支内訳表
「所得額」に記載された金額を記入。
年金通知書(年金振込通知書)
「金額」×6の金額を記入。
支払調書
「支払金額」欄に記載された金額の合計を記入。
 

消費者金融のよくある疑問・質問

借入の申込をすると、自宅や会社に電話連絡がくるの?

 借入の新規申込後、消費者金融会社は審査の一貫として、住まいの確認のと、勤め先の在籍確認のため、消費者金融会社名は名乗らずに、個人名で電話します。もちろん、消費者金融会社側は、プライバシーには細心の注意を払って電話するようになっています。
 

申込時に必要なものは?

 審査に際して、本人様確認書類が必要になります。また、借入希望金額や個人状況によっては、収入証明書が必要な場合も。
 

信用情報とは?

 信用情報とは、個人のクレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済状況、利用状況、利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。消費者金融会社は、基本的に申込時に了承をいただいた上にて、信用情報の照会を行い審査を行います。 合わせて、借入や返済など取引状況などの情報についても随時登録となります。
 

借入返済の期間中でも追加で借りることは可能?

 基本的に審査後、借入時に定められた借入限度額の範囲内であれば繰り返し借入、つまり追加融資が可能です。また、借入限度額を増額することが可能な場合も。
 

主婦やアルバイトでも申込はできる?

 パートやアルバイトでも毎月の定期的収入があれば申込可能です。また、主婦の方は、消費者金融会社によって基準は様々ですが、専業主婦ではなくパートなどの定期的な収入があれば申し込み可能です。
 

収入証明書類は、必ず提出が必要?

 消費者金融会社によって異なりますが、基本的に希望借入額が50万円を超える場合や、希望借入額と他社での利用残高合計が100万円を超える場合などが提出の必要性があります。
 

各種情報サイト一覧

JCFA日本消費者金融協会
消費者金融会社を会員とする任意団体。組織・活動案内、会員一覧、金銭問題に関する相談窓口。JCFAは、日本の主要な消費者金融会社で構成される全国組織の任意団体として「会員相互の啓発を通じ、消費者金融に関する調査、研究、広報、教育等の活動を行い、我が国消費者金融の健全な発達を図るとともに、広く国民経済の適切な運営に資すること」を目的に米国の業界団体NCFA(現AFSA:米国金融サービス協会)をモデルに、1969年の4月に創立されました。
日本貸金業協会
貸金業法第26条第1項及び第2項に基づき、貸金業者が内閣総理大臣の認可を受けて設立した法人(認可法人)です。東京に本部を構え、全国47都道府県に支部を設置し、貸金業者を協会員とした新たな自主規制機関として内閣総理大臣の監督の下に置かれた、従来の貸金業協会に比し機能を強化、強力な自主規制機関として期待されています。
登録貸金業者情報検索

全国の財務局・都道府県に登録されている貸金業者を検索できます。行政処分中の貸金業者も検索可能です。
 
 
 

ZETTAキャッシング

 

消費者金融の一覧

専業大手

  アコム
アコムは、契約がはじめての方限定で、最大30日間金利がかからない金利0円サービス開始。最短1時間で融資可能、来店不要。
  モビット
三井住友銀行グループのモビットのPC・スマートフォンからWEB完結で電話、郵送無しにてご利用まで可能。24時間来店不要。10秒簡易審査。
プロミス プロミス
30日間無利息サービス(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です)実施中。キャッシング、カードローンなら消費者金融のプロミスにおまかせください。
シンキ シンキ
なんどでも1週間無利息でおなじみシンキ。キャッシングのご相談は新生銀行グループの消費者金融ノーローンへ。

専業中堅

フクホー フクホー
キャッシング・消費者金融・ローンなら創業45年のフクホーへ。来店一切不要の消費者金融です。即日融資も可能。
セントラル セントラル
キャッシングなら消費者金融のセントラルへ。最短30分スピード審査で即日融資も可能。審査が不安の方、お急ぎの方にも安心。
ユニーファイナンス ユニーファイナンス
ユニーファイナンスは、最短で即日融資。簡単WEB申込み。プロミスとの提携により、プロミスATMのご利用が可能です。
ご融資どっとこむ ご融資どっとこむ
ご融資どっとこむでは、借換専用ローン・不動産担保ローン・ビジネスローン・レディース ローン・住宅ローンなど各種取り揃え。
フタバ フタバ
レディースキャッシングのことならレディースフタバへ。ご来店不要の女性スタッフによる女性のためのローンです。

銀行

楽天銀行 楽天銀行
楽天銀行は、限度額300万円まで収入証明書のご提出が原則不要。最大限度額は800万円、さまざまな用途に利用いただけます。

北海道・東北

北海道青森県岩手県宮城県
秋田県山形県福島県

関東

東京都埼玉県神奈川県千葉県
茨城県栃木県群馬県

信越・北陸

新潟県富山県石川県福井県

中部・東海

山梨県長野県愛知県三重県
岐阜県静岡県

近畿

大阪府兵庫県京都府奈良県
滋賀県和歌山県

中国

鳥取県島根県岡山県広島県
山口県

四国

徳島県香川県愛媛県高知県

九州・沖縄

福岡県佐賀県長崎県熊本県
大分県宮崎県鹿児島県沖縄県
 

楽天銀行カードローン 

 

安心便利なモビット 

 

 

 

消費者金融の関連項目

消費者金融のCM出演者一覧
自動契約機・無人契約機の一覧
 

消費者金融の基礎知識

全般と概要

消費者金融の歴史
バブル最盛期と崩壊後の消費者金融
貸金業の登録制度
消費者金融の立ち位置
消費者金融の収益構造
銀行と消費者金融の違い

世界の消費者金融とその歴史

消費者金融の起源
イギリスの消費者金融
アメリカの消費者金融
世界の様々な消費者金融

消費者金融の利用

融資を受ける前の確認
消費者金融の上手な活用法
リボルビングの仕組み

社会問題・トラブル

ヤミ金と街金には手を出さない
悪質な貸金業者
取り立て方法
多重債務
ブラックリスト
自己破産
最悪の事態
個人情報・信用情報

様々な手口と注意点

システム金融
車融資
年金担保
買い取り屋

貸金業法改正

グレーゾーン金利
みなし弁済
ヤミ金対策
淘汰される貸金業者

消費者金融含む貸金業界における再編

銀行など大手との提携
貸金業法改正によるメリット
日本における金融の将来
消費者金融の変遷
消費者金融の改革
消費者金融の今後
 

債務整理110番

 

 

 

関連リンク

債務整理・過払い金返還請求

債務整理110番
債務整理110番は、借金返済と債務整理の総合情報サイト。任意整理、個人民事再生、特定調停、自己破産、過払い金請求など借金返済相談できる弁護士と司法書士の法律事務所を地域別に検索可能です。

個人向けキャッシング・ローン

おまとめローンnet
消費者金融、銀行、ローン会社、クレジット会社のおまとめローン、借り換え一本化を紹介。今ある複数の借金まとめて月々負担を軽減。

デビットカードcom
日本国内で発行されているデビットカードの情報比較サイトです。デビットカードとVISAデビットカードについての解説、メリット、Q&Aを紹介。

事業者向けローン

事業融資.jp
中小企業経営者・個人事業主を対象としたビジネスローン、事業融資、事業資金、開業資金、運転資金、商工ローン、不動産担保ローン、事業者向けローン等の情報を会社別に一覧して厳選紹介。

不動産担保ローン比較ドットコム
不動産担保ローン・不動産担保融資のローン会社29社を比較する情報ポータルサイトです。
手形割引ドットコム
手形割引業者の一覧・比較サイトです。手形割引業者各社の手形割引対象、取引可能金額、割引レート、手数料、対応可能地域、企業情報、所在地地図など。
 
 

アコム 

 
消費者金融netについて
・消費者金融netは、消費者金融の提供を目的としています。消費者金融のご利用及び比較等はご利用者自身の判断でお願い致します。
・掲載されている情報については万全を期しておりますが、サイト内情報及び結果に対しての責任は負いかねます。
・消費者金融netに掲載しております記事や写真、画像などの無断転載を一切禁止致します。著作権は消費者金融会社または当サイト又に属します。

ZETTA SEGMENT

消費者金融net

消費者金融netは、全国各地にある消費者金融など貸金業の情報サイト。大手、中堅、銀行系、外資系、クレジットカード系、IT系の消費者金融会社を網羅しています。
運営組織概要 免責事項 リンク
 
 

Copyright (C) 2008-2016 消費者金融net All rights reserved.